上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 日常の中のひと区切り - 2010.02.01 [日記]
Photo601.jpg

卒制おつかれさまです。
最終講評会も終わり、ヤマカワの作品も賞をいただくことができました。
卒制終盤の追い込みをブログできなかったので、まとめて公開します。


Photo578.jpg

リアルな作業風景です。
一日経つのがかなり早く感じました。
2回生や3回生も真剣にお手伝いをしてくれています。

Photo579.jpg

振り向けば徹夜でぼろぼろのメンバー。身も心もボロボロでした。

Photo589.jpg

食事の机もこんな感じで。
床に布団敷いて寝て。
コレが人の限界の生活。

Photo592.jpg

みんながんばってる。

ヤマカワもピロ子と一緒に模型を。
Photo590.jpg

白い壁に様々な素材をつかって、住宅を作っていきます。

Photo591.jpg

すこしずつ出来てくると全体像が楽しみになります。

あーしんどって思ってたら、

Photo595.jpg

あ、吉村さん。

Photo597.jpg

そう。
ふざけないとやっていけない4回生。
ふざける時は思いっきりふざけます。
マウス握ったまんま踊るとか、地震が起きた事を想定して、机の中に逃げ込むとか、

時々後輩に「ちゃんとやってください。」と怒られる4回生。

でも、私たち4回生女子全般、ふざけないと生きていけません。

Photo596.jpg

でも、切り替えが早い。
だって4回生だからね。

Photo600.jpg
Photo603.jpg

そうして少しずつ、記憶の中の住宅が建ちあがっていきます。
懐かしくなって泣きそうになりました。

Photo612.jpg

完成です。
A1用紙一枚を文字で埋めつくしました。
Photo614.jpg

卒制は評価を気にせずやりたい事をやるまでです。
建築は芸術ではありません。
独りよがりにならない事だけを注意して、やりたい事をやるまでです。
見てくれる人は見てくれるし、見てくれない人もたくさんいます。
それでも良いと思えるようなものを作れば、それが一番良い結果だと思います。

卒制でもたくさんの後輩、友達に支えてもらいました。
人生最後の卒業制作、楽しかったです。
スポンサーサイト


admin*
designed by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。